3種の”○○なお酒”

お酒は大きく分けて3つに分類されます。

①醸造酒、②蒸留酒、③混成酒 です。

醸造酒は、ビール、日本酒、ワイン。
蒸留酒は、焼酎、ウイスキー、ブランデー、ウォッカ、ラム。
混成酒は、梅酒、リキュール、味醂、となります。

とてもざっくり説明させていただくと、
一般的に多くのお酒は、”原料由来の糖を発酵させてアルコール化する”ことで造られます。

難しいことは抜きにしてそれぞれの良さを考えてみました。

醸造酒は、原料の個性が現れやすいお酒です。自然発生的なアルコール度数も魅力で、ある意味シンプルなお酒かと。”シンプルだからこそ深いお酒” ですね。ワインなど、世界中でのめり込む方が多いのもそういった理由からかもしれません。

蒸留酒は、”蒸留”という過程を経て造られます。蒸留している為アルコール度数が高いことが特徴です。そのまま飲んだり、薄めたり、割ったり、飲み手の方に多くの選択肢があることが個人的には大きな良さだと考えております。”可能性を愉しむお酒” です。

混成酒の良さは、薬草などを使用して薬酒としての使用していた歴史があるように、混成することで様々な味や効果を表現できます。また、自家製梅酒に代表されるように、自分で造る楽しさもあるお酒ですね。”フリーダムなお酒”という感じでしょうか。

以上のように、3種のお酒それぞれに良さがあります。
みなさんにとっての”○○なお酒”が見つかる手助けになれば幸いです。