2020年4月27日発売の、
『F:BOOK』にご掲載掲載いただきました。
F:BOOKさんは、福岡のカルチャーを独自の目線で切り取る雑誌です。

今回ノミヤマ酒販は、CENTRAL FUKUOKAの店舗の一つとしてご紹介いただいております。

本当に感謝しかありません。

ちなみに、
“CENTRAL FUKUOKA”とはF:BOOKさんの表現をお借りすると、

『福岡市、北九州市に挟まれるように存在する宗像、福津、古賀、宮若は福岡のいわば”真ん中”。
自然が近く、喧騒から離れた郊外だからこそ生まれる独自のカルチャーがある。』

というとても嬉しい表現でご紹介いただいておりました。
2020年4月22日発売の、
『dancyu 読本 本格焼酎』というMOOKにご掲載掲載いただきました。
(※MOOK(ムック)とは、雑誌と書籍の特性を持ち合わせた出版物の事です)

酒販店ガイド『焼酎のことを教えてくれる酒販店』という欄にノミヤマ酒販の店名と住所等が載っております。

ご紹介いただいた柳田酒造の柳田さん(本誌にも掲載)本当にありがとうございます。

dancyu編集部長の町田さんが総力戦でつくられたという今回の『読本 本格焼酎』。

2019年の8月スタートでオール撮りおろしで、
今の焼酎と泡盛をしっかり伝える一冊をつくろうと、長い期間をかけて大切につくられました。

混乱の時世での発売となりましたが、
是非ご自宅でのお酒とのお時間を魅力の詰まったMOOKと共にお過ごしいただければ幸いです。
2019年5月10日発売のソワニエ+さんにて、当店をご紹介いただきました。

ソワニエ+さんは「福岡の美味しい」を極める!でお馴染みのグルメファン必見の雑誌ですのでとても光栄です。

掲載されているのは巻末の『老舗のはなし』というページです。

小売店で老舗のはなしに掲載されるのははじめてという事でした。

ちなみに先日、古賀市商工会議所さんの調査により古賀市でもっとも老舗の企業はノミヤマ酒販であるという事がわかりました。

製造系の老舗企業さんが多い中、小売店としてここまで長く商売を続けられているのはやはり地元の方々の支えがあっての事だと思います。

これからも地元のエリアを盛り上げていけるような酒屋を目指して取り組んでまいりたいと思います。